13層やすらぎマットレスとモットンの比較

13層やすらぎマットレスとモットンの比較

寝心地がよいマットレスが欲しい、体が痛くて翌朝すっきりしないという場合にはマットレスを見直してみましょう。

マットレスを選ぶ時には、耐久性や寝心地のよさなどさまざまなポイントを比較して選ぶことが大切です。

13層やすらぎマットレスの特徴

13層やすらぎマットレスは、まるで雲の上にいるような快適な眠り心地が特徴のマットレスです。

3Dスプリング高反発構造によって、体圧の分散化が成功し、体への負担感が大幅に軽減されました。

長いストロークによって体をゆったりと支えることができる6.5インチの最高級コイルで、寝返りがうちやすく、まるで空に浮かぶような寝心地を得ることができます。

また、耐久性も高く、通気性にも優れ、メンテナンス性にも優れています。

多階層構造とウレタン素材などをどのように重ね、どれだけの厚みにするかについてもミリ単位の職人技による調整が行われており、寝起きの心地よさという点でも、まさに理想的なマットレスということができます。

モットンの特徴

モットンは睡眠時の適切な背骨のラインと寝返りのしやすさで定評もある高反発マットレスです。腰痛対策マットレスとよばれるモットンは全国送料無料で注文することができます。

モットンのこだわりは、欧米人より筋力が弱い日本人女性にとって、自然な寝返りが打ちやすいよう、反発力にこだわった点にあります。モットンを使用した場合、寝返りする際のエネルギー量が従来の反発マットレスに比べて少なくてすむため、筋肉が衰えても自然な寝返りができます。また、耐圧分散にこだわり、腰への負担が可能な限り軽減されています。

また、8万回の耐久試験にも耐える耐久性の高さと、通気性のよさ、防ダニ性の高さなどがモットンの特徴ということができます。

耐久性で比較

13層やすらぎマットレスとモットンマットレスをばねの耐久性という点で比較します。

まず、13層やすらぎマットレスのポケットコイルは日本最高クラスの6.5インチプレミアム高反発コイルが使用されています。このコイルは通常使用されるコイルより約3センチも高く、強い反発力と耐久性があります。

モットンマットレスはマットレスの復元率が96%となっており、他メーカーで復元率99%あることも考えると、耐久性という面では若干の弱さがあるかもしれません。

13層やすらぎマットレスは3Dスプリング高反発構造が採用され、強いばねの反発力と高い耐久性がありますので、耐久性という点では13層やすらぎマットレスの方が高いといえるのではないでしょうか。

通気性で比較

13層やすらぎマットレスとモットンマットレスを通気性という点で比較します。

まず、13層やすらぎマットレスには快適な通気性を実現するために特注のエアレットが備わっています。マットレスの両サイド4カ所に通気口もあり、睡眠時にこもる湿気などを速やかに排出し、内部を清潔に保つようになっています。

モットンは発砲する泡の大きさを調整して、高い通気性を実現しています。しかし、13層やすらぎマットレスのようにマットレスに荷重がかかるたびに空気が入れ替わるといった内部に常に積極的に換気ができるしくみがないこともあり、季節にとらわれずに通年を通して快適に使用できるのは、13層やすらぎマットレスということができます。

寝心地で比較

13層やすらぎマットレスとモットンマットレスを寝心地という点で比較します。13層やすらぎマットレスには独自の耐圧分散法として3Dスプリング高反発構造が採用されています。また、片側3枚のウレタンが体圧吸収を行い、チップウレタンが横方向へ均等に圧を逃します。プレミアム高反発コイルによる体の上方向への押し上げなどで、特定の部位に負担がかからず、寝返りをしても快適な寝心地が実現します。

モットンマットレスは復元率が96%となっており、反発力という点で若干弱い面もあり、また、低層階マットレスは体や腰のバランスを保ったまま寝返りがしずらく、体に負担もかかりやすいといえるのです。13層やすらぎマットレスの方が寝心地度は高いといえます。

価格で比較

13層やすらぎマットレスとモットンを価格という点で比較します。

13層やすらぎマットレスは通常価格がシングルサイズが税込138,000円となっています。しかし、今なら全てのサイズのマットレスが40,000円OFFで購入できるため、シングルサイズが税込98,000円で購入することができます。

モットンはシングルサイズの通常価格は税込59,800円で、今だけ20,000円OFFの税込39,800円で購入できます。リーズナブルさでいえばモットンの方が手が届きやすい価格帯であるといえますが、長い目で見ると13層やすらぎマットレスは耐久性も高く、寝心地という点で考えると購入時は若干値段が高くともお得かもしれません。

メンテナンス性で比較

13層やすらぎマットレスとモットンをメンテナンス性という点で比較します。

13層やすらぎマットレスでは、ローテーションという方法で湿気のコントロールや様々なメンテナンスニーズに対応することができます。また、定期的な掃除機での掃除も推奨されています。収納については、13層やすらぎマットレスは折りたためない構造になっています。そのため、押入れなどに収納することはできない構造となっています。

それに対し、モットンマットレスは逆に畳んで押し入れに収納できますが、折りしわができてしまいます。どちらも温度調整や防ダニ、防臭という点では工夫がなされていますが、収納という点では大きな違いがあるといえます。

まとめ

13層やすらぎマットレスは、まるで雲の上にいるような快適な眠り心地が特徴の高反発マットレスです。独自の3Dスプリング高反発構造の採用によって、体圧の分散化が成功し、体への負担感が大幅に軽減されています。また、片側3枚のウレタンの体圧吸収機能も充実し、チップウレタンが横方向へ均等に圧を逃して、プレミアム高反発コイルが体を上方向へ押し上げることで、特定の部位に負担がかからずに寝返りを打つことができます。そのため、快適な寝心地を得ることができます。

13層やすらぎマットレスの公式サイトへ

 

それに対し、モットンマットレスはマットレス復元率が96%となっており、反発力という点で若干弱い面もあり、寝心地の快適さや体へのより負担のない仕様性を重視する場合には13層やすらぎマットレスがおすすめです。

モットンは、リーズナブルな値段でマットレスを購入したい方や、折りたたんで押し入れなどに収納を予定している方におすすめのマットレスといえます。

【モットン】公式サイト

bitFlyer & zaif
ビットコイン、今買っておけば10年後はウハウハですよ? bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
スポンサーリンク
336 x280の広告
336 x280の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336 x280の広告